展覧会のかたちで黙示された最終講義 Air Language program のさらなる展開 杉谷諭の映像や各種資料を併せ書物論=詩学の歩みと構想をはじめて語る
Talk

  [詩と数学の接続]平出隆 連続講義[全3回]

 

  平出隆さんは、詩や散文、批評のみならず、装幀、印刷、展示などさまざまな形態で、ご自身の詩学を深めてこられた稀有な詩人です。多くの詩書はもとより、長年にわたって積み重ねてきた美術家との対話により見出された「言語と形象の谿」、書物の物質性に目を凝らすことによって立ち現れる「空中の本へ」などの探究において、私たちをポエジーのはるかな根源へと導く道筋を示してくださいました。そして202012月におこなわれた「平出隆 最終講義= Air Language program」においては、詩と数学の接続を新たに提示なさいました。歩みを止めることのない、平出隆さんの詩学の「いま」を語っていただきます。[Y. Inoue]

 

詩のカイ 第3回

企画:シアターX+港の人

 

シリーズ公演日程:

α:May 31, 2021 @ 7:00-8:30 pm 

β:September 6, 2021 @ 7:00-8:30 pm

γ:January 17, 2022 @ 7:00-8:30 pm

 

(6:30 pm 開場 本篇のあとダイアログ)

   

会場:シアターXカイ劇場

参加費:500円

申込み:シアターX

http://www.theaterx.jp/21/210531-210531p.php

東京都墨田区両国2-10-14 
TEL:03-5624-1181
Eメール:info@theaterx.jp

 

無償配布資料:DIC川村記念美術館「言語と美術」展ガイドマップ/多摩美術大学芸術人類学研究所「Art Anthropology」 第16号など

 

ヴィデオ上映:《100 Feet》(2020年/杉谷諭/3分),《Persistence is Grace》(2020年/杉谷諭/7分

 Video

 

《100 Feet》(2020年/杉谷諭/3分

 

 2015年グッゲンハイム美術館での河原温《One Million Years》朗読の公開録音の様子を捉えた、平出隆の手持ちの iPhone による映像に、任意のズーム処理をかけ、時間軸を等比級数分割したもの。百万年に思いを馳せる朗読が淡々と続くステージから半径100フィート圏の世界では、 口笛が吹かれ、道端で仮面品評会が行なわれている。 

 極大の時間と極微の時間とが、触れ合うことなく並行して流れ、等しく分割されていく。酷薄なフェアネスに貫かれた、壮大にしてささやかな時間論。[N. Sawa]

 

 

Persistence is Grace(2020年/杉谷諭/7分

 

 2020年初頭から秋にかけて、詩人が身近に経験した「死別」についてのモノローグ7篇に合わせ、画面を7等分した色柱をひとりひとりの死者と見立てる。規則的に現れる色柱による光のイメージと、それを凝視することで生まれる補色残像が、誰にも等しく訪れる死と、時間の流れのなかでの記憶の変化を意識させる。 

 出現と消滅、生と死を見つめるリテラルな弔いであるとともに、その分割を溢れ続ける残存に賭けられた不屈の省察。[N. Sawa]

Facebook
Twitter
Instagram
Website
All images by Satoshi Sugitani.
First edition. Issued in the 23rd week of 2021.
正しく表示されない場合はこちら
このメールは、Institute for Air Language programからのメールを、多摩美術大学を中心にした研究・教育の関係者、via wwalnuts 叢書の購読者、BookArchit を介しての諸書の購読者、杉谷諭、澤直哉、平出隆の仕事関係者の方々に配信しております。 今後メールの受信をご希望されない方は、こちらから配信停止手続きが行えます。

Institute for Air Language program, ℅ via wwalnuts, 2-17-39 Naka, Kunitachi-shi, Tokyo 186-0004, Japan


配信停止 | 登録情報更新


This is a Test Email only.
This message was sent for the sole purpose of testing a draft message.